デートに最適!混浴風呂

2917707155_7314b2c58e_b

混浴は、男女が同じ浴場で入浴する事を指します。
カップルが二人きりで混浴できる宿としては、貸切風呂や露天風呂付きの客室があります。
男女が同じお風呂に入る事は、日本独自の入浴習慣だと思われがちですが、ドイツをはじめとして、北欧や東欧諸国でも見られる習慣なので、日本独特という
わけではありません。
西洋の混浴は、運動温熱療法施設として水着着用が義務化されている「スパ」と、温浴療養施設として裸での入浴義務化されていた「サウナ」とに分かれている場合が大半です。

4121541982_43a5e64e03_b

混浴風呂は日本では昔、大きな湯船の共同浴場は一般的でなく、大きな湯船といえば天然の温泉が溜まってできた野湯でした。そのため、男湯・女湯という概念はなく、混浴は自然発生的にできたものです。

当時は下帯や腰巻を着用した上での入浴していたので、裸の入浴は江戸時代以降という説があります。
時代が進むと、温泉地では泉源から湯船まで温泉を引いた、今で言う「共同浴場」もできましたが、まだ男湯と女湯の区別もありませんでした。
江戸時代に入ると、大都市で「銭湯」が大衆化しました。

1791年には、松平定信が江戸の銭湯での男女混浴を禁止する男女混浴禁止令を出すなど、風紀の取り締まりの対象にもなりました。これは混浴そのものよりも、湯屋における売買春などを取り締まるものであったと言われます。
当時の湯屋は二階に待合所のような場所があり、将棋盤など置いてあり社交場となっていただけでなく、湯女などによる売春や賭博などの格好の場となっていたからです。

混浴風呂にも最低限のマナーがあります。男性でも腰巻きをしたり、女性が来てもあまりジロジロ見ない事、景色が綺麗でも、女性が入ってきたらカメラ撮影をやめる事などが挙げられます。

貸切風呂付き宿は、カップルの方達に大変人気です。個室露店風呂付きの宿は高いですし、貸切温泉無料の宿でも長時間は難しいですが、好きな人と仲良く二人で、
広大な風景を楽しみながら混浴風呂に入るれのは、至福のひと時でしょう。

「バーデと天然温泉庭の湯」(東京都練馬区)
としまえんのすぐ横にある入浴場。
バーデゾーンは水着着用で利用できるので、男女一緒に楽しめるのもポイント!
水の浮力、抵抗力、静水圧、動水圧、温熱効果を利用すれば、温浴を楽しみながら身体の疲れや毒素を取り除けて一石二鳥ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

言語:

SPONSOR

ページ上部へ戻る