京都のお惣菜「おばんざい」とはなんのこと?

15800464225_905c7afb02_k

「おばんざい」という言葉を聞いた事はありますか?なかなか耳にしない言葉ですよね。「おばんざい」は、日本の京都ではよく使われる言葉です。

おばんざいとは、「京都の常の日の御惣菜」の事です。旬の素材や身近な食材を使って、手間をかけずに使い切る献立です。

日持ちのしないお料理でしたら、食べ残しの出ない分量だけ作り、物足りない分は作り置きのできる常備菜でまかないます。

無駄なお金も時間も労力もかかりませんし、ゴミも少ししか出ないので、合理的です。電気冷蔵庫が今程普及していない時代、京都ではこれらはごくあたりまえの調理法でした。

ちなみに京都名物と言えば…

・八つ橋
・そばぼうろう
・湯葉
・湯豆腐
・千枚漬け
・うじ茶
・祇園ちご餅
・粟持ち
・白味噌
・丹波栗
・七味唐辛子

15615050318_32de86f444_k

京都に遊びに来る観光客の方の中には、おばんざい目当てで京都へ旅する方もとても多いです。お金を払ってまで「おいしいおばんざいが食べたい」と思うのはなぜなのでしょうか。

京都の方にとっては、おばんざいは日常のお惣菜なので、少量であればスーパーやデパ地下で買います。京都のスーパーで売っているお惣菜(おばんざい)は、どこのでも間違いなくおいしいです。

京都のお料理は、基本的にどれもクオリティーが高いため、庶民の味、大衆食堂であっても、出てくる献立は美味しいです。
味付けはその地方独特の調味料の使い方や出汁の扱い方がありますし、関東と比較すればずいぶん違います。京都のおばんざいは見た目にも美しく、繊細で薄味でヘルシーなので、京都の人にとっては普通でも、他の地域からやって来た観光客の方にとっては別物に感じるようです。

京都でおばんざい巡りをするのも、いい想い出になりそうですね。

京都の町をのぞいてみよう!

東京でおばんざいを楽しみたいなら…

・京おばんざいはんなり(東京都・小川町)

おばんざい定食がおすすめ。

・赤坂かこい(東京・赤坂)

おばんざい3点盛り定食(980円)がおすすめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

言語:

SPONSOR

ページ上部へ戻る