日本でロウソク代わりになる提灯(ちょうちん)とは何か?

ちょうちん

提灯(ちょうちん)とは伸縮自在な構造で、細い割竹等でできた枠に紙を貼り、底にろうそくを立てて光源とするものです。ろうそくではなく電気による光源のものもあります。
内部に明かりを灯し、紙などの風防を通して周囲を照らします。「提」は手にさげるという意味で、携行できる灯りを意味します。
提灯はいわば昔の懐中電灯で、中にろうそくを点して持ち歩きましたが、現在では祭礼の際を除くと、日常の場でこのように使われる事はほとんどありません。
近年は、竹ひごや紙の代わりにプラスチックのシートを使い、ろうそくの代わりに電球を使って、主に祭りなどのイベントや看板として使用される事が多いです。インテリアや土産物などとしても販売されています。
chouutin
従来から自給率を上げようと運動は様々になされてきていますが、多くは「官製運動」「認証主義」でした。しかし昨今、老舗の偽装表示が問題となっているように、これらの方法では利益第一主義の下では限界があります。

お店は食材の仕入先を知っているけど、お客はそれを知ることができません。こんな情報の非対称性を補うためにも「正直を重ねて、信用を得る」事を旨としている地道なお店だけに参加してもらうようにしています。

いわば、緑提灯がお客を大切にする店主の「心意気」や「覚悟」を象徴しています。

日本のランタン=提灯!

自分だけのオリジナル提灯を作ってみませんか?
大嶋屋恩田(東京浅草)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

言語:

SPONSOR

ページ上部へ戻る