日本のレストランで必ず出てくる「おしぼり」

6367654389_71885e4943_b

日本の飲食店へ食事しに行くと、食事の前に「おしぼり」が出されます。これは外国ではあまり見られなかった文化ですが、日本発祥のおしぼりは今や全世界に広がりつつあります。

おしぼりは、レストランなどでお客様向けに使用される、手をふくための道具です。「おてふき」とも言います。通常であればひらがなで表記し、漢字を交ぜて「お絞り」と書く事はあまりありません。
ちなみに日本で10月29日は、10本の指を2(ふ)9(く)の語呂合わせで、「おしぼりの日」と決められています。
6773642019_5b2cf6c5ca_b
おしぼりの歴史は、古事記や源氏物語で書かれた時代まで遡ると言われています。今のおしぼりの始まりは、お公家さんが客人を家に招く際に提供した、「濡れた布」です。江戸時代になると木綿の手ぬぐいが普及し、宿屋の玄関に、旅人のために水を張った桶と手ぬぐいが用意されるようなりました。
お客さんは手ぬぐいを桶の水に浸してしぼり、汚れた手や足をぬぐって使いました。この「しぼる」という行為が、おしぼりの語源になっています。

戦後日本に少しずつ飲食店が増えていくと、戦時中の混乱で消えかけていたおしぼりの習慣が徐々に普及し始めました。当時はおしぼりを自店で洗い、丸めて自家製のおしぼりをつくり提供していましたが、客数が増えると手作業では追いつかなくなり、「おしぼりを貸す」ビジネスが生まれました。
最初は自家製の洗濯機を使い、1本1本手で巻いて飲食店などに卸していましたが、その後外食産業がさらに発展したことで、業者は量産体制を備えるまでになり、貸しおしぼり(レンタルおしぼり)業が一つの立派なビジネスとして確立されました。

最近では、香りが付けられたおしぼりを提供し、お客さんの癒し効果を狙う店舗も増えています。
また、理容室ではヒゲ剃りなどの際、髭や皮膚に水分を与え剃りやすい状態にする為に蒸しタオルが使われますがが、これもおしぼりの一種にあたります。

This is amazing Hot towel! ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

言語:

SPONSOR

ページ上部へ戻る