東京随一のレトロな街並み「浅草」

asakusa1

古き良き日本の風情を残す観光地「浅草」。
海外からの観光客や、修学旅行生などでいつでも賑やかな観光スポットです。

まず浅草のシンボルと言えば「雷門」ですよね!
正式には「風神雷神門」と言います。
赤くて大きな提灯の両横に、風神・雷神の像があります。
最初の記念撮影はここで決まりですね!
asakusa2

そして、浅草寺の周りには沢山の仲見世通りと呼ばれる、お土産屋さんが立ち並んでいます。
日本を象徴する小物や扇子に着物など…海外のお土産に喜ばれるのも分かります。
浅草と言えば「雷おこし」や「人形焼」など有名な物もチェックしておきたいですね。
「仲見世通り」の詳細はコチラで紹介しています。
asakusa3

仲見世通りを歩いていると、浅草寺の本堂に辿り着きます。
お水舎で手を清めて、ご利益のある煙を浴び、お参りをしてみましょう。
浅草寺は、東京都内にあるお寺の中でも1番古く、1300年以上の歴史があるお寺なんですよ!
また、おみくじを引いてみるのも楽しいかもしれませんね。
浅草寺のおみくじは辛口でも有名で、凶の出る確率も少し高いんだとか…。
asakusa4

その他にも、浅草には色々な楽しいスポットがあります。
東京都内でも、古き良き時代の街並みが残る場所です。
数十年前にタイムスリップしたような風情の中で、運が良ければ舞妓さんに出会うこともあるんですよ!
そして浅草には、昼間から営業している飲み屋さんも沢山あります。
浅草と言えば「ホッピー」と「電気ブラン」。
焼酎や洋酒で割って飲むビールに似たホッピーや、口の中がしびれるアルコール45度の電気ブランなど、浅草で生まれたお酒を昼間から飲んで楽しむのも良いかもしれませんね。

また、もっとディープな浅草を体験したい場合には、演芸ホールにも足を運んでみましょう。
落語や漫才、手品など様々な芸人が登場し、観客を楽しませてくれます。
今では有名な芸人さんも、若かりし頃はここで下積みをしていた人が沢山いるんですよ!
asakusa5

浅草は、レトロでありつつ少し国際的な特別な雰囲気が漂う場所です。
人込みが苦手な人は、少し時間をずらして夕方から行ってみても良いでしょう。
綺麗にライトアップされた本堂や、意外に大きく見えるスカイツリーなども見物です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

言語:

SPONSOR

ページ上部へ戻る