無料足湯に立ち寄ろう!栃木県日光市「あんよのゆ」

16807562601_09018205ca_k

栃木県日光市には、無料で足湯につかれる施設があります。ここは「あんよのゆ」と呼ばれるところで、栃木県日光市湯元にあります。
奥日光湯元温泉の源泉を使用した足湯で、ハイキングや登山の帰りに足の疲れを取るのにはもってこいです。
入浴料は無料なので、誰でも気軽に立ち寄る事ができます。営業は9~20時までです。アクセスは東部バス湯本温泉バス停から徒歩5分。

足湯は足だけ温泉に入浴するための浴槽、およびそれが設置してある場所の事を指しており、日本の場合だと、ほとんどの足湯は無料で利用できます。しかし一部では寸志または料金として200円以下の金額で楽しむことが可能な場合もあります。

6660678577_87c932bd08_b

足だけをお湯に浸すと、冷え性改善になり、全身がポカポカしてくるので、特に冬の時期におすすめです。足を温めると血行促進になり、体に良いとされています。外国ではなかなか見られない入浴法ですが、日本ではここ最近、色々なところで足湯施設を設けるようになり、気軽に入れるようになっています。

足湯で有名なあんよのゆは、奥日光湯元温泉の温泉街にある足湯です。 乳白色の温泉が特徴的です。 奥日光の観光コースに組み込んでみるといいでしょう。
日光の自然豊かな散策コースをしばらく歩いて、程良く疲れた時に立ち寄るとぴったりです。
疲れた足を癒せる「あんよのゆ」は、お客様からの評判もよく、観光スポットとしても人気が高いです。広さも充分にあり、静かな温泉地の大人の休憩スポットといった感じです。
ただし、三か所に区切られた両端のお湯の温度は熱めなので入る時は気を付けましょう。

あんよのゆはこういうところです。↓

東京で足湯体験するなら・・・
※タオル一枚あれば着替えいらず!↓

「もみの気ハウス池袋店」(東京都豊島区)
足湯カフェのみのご利用もOK!

足湯のある「鍼灸接骨院 おんたけ」(東京都大田区)
足湯だけの利用もOK!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

言語:

SPONSOR

ページ上部へ戻る