花火の時のお出掛け服「浴衣」

6004458326_5d1fc42f95_b

夏の花火の時に着るととてもよく映える浴衣(ゆかた)。

浴衣は和服の一種で、通常の和服とは違って素肌の上に着ます。和服の中で最も単純で基本的な装いで、気軽に着る事ができます。

生地は木綿で、通常の衣服よりも少し隙間を空けて織った平織のものが多いです。夏場の湯上りや、寝巻きとしての用途もあります。日本舞踊などでは、稽古着として使用されます。家庭でも洗濯が簡単で、清潔を保ちやすい事も重宝される一因です。

firework-845078__180

 

現代の日本では、花火大会の日や縁日、盆踊りの時など、夏の行事に浴衣は使われています。日本舞踊や演劇などの稽古着としても使用されています。

日本独特の風習として、ホテルや旅館の寝巻として使われる事もあります。レストランや遊園地、テーマパークなどでは、夏に浴衣を着用して来場すると、特典がある施設も増えています。

浴衣ってどうやって着るの??↓

 

 

 

浴衣が欲しい人は…

竺仙(ちくぜん)(東京都日本橋)

浴衣で遊びに行くとお得なところは…

東京湾納涼船 浴衣だと2600円が1600円 (東京都竹芝)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

言語:

SPONSOR

ページ上部へ戻る