歴史的な建物から近代的なものまで!日本の有名な建造物10選

15924620314_e6af3c71f7

世界にはたくさんの有名な建物がありますよね。もちろん日本にも様々な有名建造物があります。歴史を感じられるものから、斬新なデザインの近代的なものまで…今回は日本の有名な建造物を10個ご紹介します!

まずは歴史的な建造物5選です!
1. 清水寺(きよみずでら)
eb77a776120d90614d8fc205c2fdc11f_s
まずは、数あるお寺・神社の中からひとつ。清水寺は京都府にあるお寺です。奈良時代に建造され、2003年には解体修理が行われました。お寺の入り口の門や三重塔なども美しいですが、最も素晴らしいのは舞台型になっている本堂です。断崖にせり出すように建てられた本堂はダイナミックで、見る人の心を惹きつけます。

2. 熊本城(くまもとじょう)
db26c762f5709e5820a1331ccd8f3c27_s
熊本城はその名の通り熊本県にあります。江戸時代初期に建てられ、日本三大名城に選ばれています。外から攻めてくる敵を追い返すための20mの高さの石垣や、天井や壁すべてに金箔が張られている部屋などのとても豪華な城内は何時間見ていても飽きません。

3. 雷門(かみなりもん)
3492332325_35c1a0d19c
雷門は東京の浅草にある浅草寺(せんそうじ)の入り口にそびえ立つ門です。門に向かって、右側に風神、左側に雷神がそびえ立ち、真ん中には高さ3.9m、直径3.3m、重さ約700kgの大提灯が吊るされていて、浅草のシンボルになっています。

4. 合掌造り(がっしょうづくり)
2207dad487925a2355c95e877be5c50c_s
合掌造りとは、日本の住宅建築様式の一つです。屋根が左右に大きく傾いた特徴的な形が、手を合わせた「合掌」に似ているため合掌造りという名前になりました。この大きな傾きは雪の多く降る地域で屋根の雪下ろしをしやすくするためや、雨の水はけを良くするためと言われています。

5. 広島平和記念碑(ひろしまへいわきねんひ)
078404ed17aaf1b212072d1ddaca6ba2_s
原爆ドームの名で知られる広島平和記念碑は、広島県にあります。第二次世界大戦時に広島に原子爆弾が投下され、広島市街中の建物が倒壊した中、奇跡的に倒壊を免れた建物です。「二度とこのような惨劇を生んではならない」との願いが込められ、ユネスコの世界遺産に登録されました。

次に近代的な建造物5選です!
1. 東京タワー・スカイツリー
4341018019_3757807840
言わずと知れた日本の名所ですね。どちらも電波塔で、関東地方にデジタルテレビやラジオの電波を届けています。東京タワーは高さ333m、スカイツリーは高さ634mです。どちらも夜のライトアップがとても綺麗ですよ!

2. 東京駅舎(とうきょうえきしゃ)
5c8a8b9fb7cc476ae544d9a16ba0cb84_s
東京から様々な場所への旅の出発点である東京駅。1914年に建てられましたが、戦災で一部損壊し補修されました。しかし当時の技術ではすべてを元の姿に戻すことはできませんでした。技術が進歩した2012年に約100年ぶりに元の美しい赤レンガ姿に補修されました。外装も内装も素晴らしい日本一の駅です。

3. 瀬戸大橋(せとおおはし)
8913267473_499a4d4b61
瀬戸大橋は、瀬戸内海をまたぐ本州(岡山県)と四国(香川県)を結ぶ世界最大級の長さを誇る橋です。10の橋が繋がっていて、全長は12,300mです。上部には道路、下部には線路が通っています。綺麗な青い海にまっすぐ伸びる白く大きな橋は圧巻ですよ!

4. 国立新美術館(こくりつしんびじゅつかん)
8050551986_e5ed6553ba
東京都六本木に2007年に開館した日本で5番目の国立美術館です。日本の有名建築家である黒川記章氏が設計しました。全面ガラス張りで波を打ったデザインが近代的で美しいですね。

5. 梅田スカイビル
53f8420d4fe065d35e5921243b41522c_s
大阪府梅田にある高さ173m、地上40階、地下2階のビルです。タワーイースト、タワーウエストの2棟で構成され、その2つの頂部をつなげるように円形の空中庭園展望台を設置した構造が特徴的です。その見た目から「未来の凱旋門」と呼ばれています。

どれも素晴らしいものばかりです。日本に来た際にはぜひ実際にご自分の目で確かめてみてください!

Photo by earth-tronic, JAKUTAKU, みのやん, duncan-su, 群青色のライオン, ひらおさつばさ, Kentaro Ohno, acwork, Takuma Kimura, Dick Thomas Johnson

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

言語:

SPONSOR

ページ上部へ戻る