なんで日本人はマスクをしている人が多いの?

6869195703_0808f2a648_z (1)

日本人にとっては普通ですが、海外の方から見ると、日本はマスク率が多いなと感じるようです。
「日本人はどうしてあんなにマスクが好きなのか?な」、「ぜマスクが必要なのか?」
と、疑問を感じる人も多いよう。
そこで今回は、なぜ日本ではマスクをしている人が多いのかという理由を、5つにまとめてみました。

●1.病気を他人にうつすのを防ぐため

マスクをする事で、飛沫感染を抑える事ができます。
日本では、風邪や咳が出る場合には必ずマスクをするというのが、常識的なマナーでもあります。

●2.空気感染の予防のため

体調の悪い人が、他人にうつすのを避ける以外にも、自分が他人のウイルスから身を守るために、マスクをして予防するという理由もあります。

●3.口と鼻を潤すため

マスクをする事で、
口周りや鼻周りに湿気を与え、潤す事ができます。
鼻炎の人などは、鼻が詰まってしまうと口で呼吸するしかなくなり、喉が乾燥しがちです。乾燥を防ぐためにも、
マスクは大活躍してくれます。夜寝る時にマスクをするのも効果的でしょう。

●4.花粉症対策のため

239294304_4582424e40_z

 

日本では、毎年春になると大量の花粉が出てきます。
日本人特有と言われる花粉症は、発症するとくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状が出ますが、マスクをする事で、
花粉の侵入を防ぐ事ができます。

●5.顔を隠すため

日本人はシャイで内気な人が多いです。
そのため、マスクで顔の一部を隠す事で、安心感を持つ人も少なくありません。
また、ある大学教授の友人が、具合が悪いわけでもないのにマスクをしていたため、
そのわけをしつこく尋ねると、「歯茎がはれてしまい、恥ずかしかったから。」と明かしたそうです。

日本では色々な理由からマスク着用しています。しかし一番の理由はやはり健康上の理由が多いようですね。

 

 

Photo by kaex0r, typexnick

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

言語:

SPONSOR

ページ上部へ戻る